スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
2010年2月6日 火星とプレセペ星団の接近
2010 / 02 / 05 ( Fri ) 18:36:04
最近、天体ネタが少ない時期です。
冬とかは特に寒くってなかなか夜空を見ることができないですよね~
私も寒さに負けて天体観測はお休み中ですし(^^;
でも、現象だけは気にしていたいです~。

ですので情報はお知らせします~(^^
2010年2月6日 火星とプレセペ星団が接近します!
20100206.jpg
1月28日に地球に最接近した火星は一晩中見えていて、マイナス1等で明るく赤く輝いて人目をひいています。
火星は現在かに座にあって、双眼鏡ではプレセペ星団と同一視野に見えます。
2月6日ごろに一番近づいて、前後3週間ほどは接近の様子を楽しめますよ。
火星はこの後プレセペ星団から遠ざかりますが、3月末から再び接近し、4月17日に大接近します。

                              画像、情報共にアストロアーツから提供

かに座で星ががたくさん集まった星なのですが、肉眼だと5、6個ぐらいしか見えないかもしれないですが、
望遠鏡から見るとたくさーーん星が近くに並べられて見えます。
この星が火星と近くに寄っていくって事なんですけど。
めずらしい現象です~。探すのは難しいかもしれないですが、
冬ですのでとても綺麗に見れますよ~(^^
まずは00時ぐらいに火星を探してみてください。
火星は明るく赤く光っています。それを探すと近くにかに座のプレセペ星団がありますよ~。



スポンサーサイト
月や星、惑星、天体のこと TB:1 CM:4 admin page top↑
1月15日の部分日食!
2010 / 01 / 10 ( Sun ) 16:22:24
どうも!管理人です。
最近、やっと風邪も落ち着いてきました。
でもだるさと鼻かぜはあります(^^;
それでも更新とコメントの購読はちゃんとしてますよ~
みなさん、心配コメントありがとうございます!

今日はまた天体情報になります!

1月15日の日没直前に、
中部地方より西側で部分日食が見られます!

もっとも条件の良い沖縄地方では、日没直前に食の最大(食分0.6)をむかえますが、
osaka.jpg

九州より東では食の最大となる前に太陽が沈んでしまいます。欠けた太陽がゆらめきながら沈んでいく様子は、通常の日食とは違ったおもしろさがあることでしょう。
fukuoka.jpg
大気の効果による浮き上がりを考慮すれば、関東付近でも日没前に太陽が欠けはじめますが、
実際に見るのは困難です(^^;

関東では難しいけど西日本に住んでる方はぜひ見てみてください!
夕飯の買い物の帰りに見れるかも~(笑)
月や星、惑星、天体のこと TB:0 CM:1 admin page top↑
お正月の天体観測情報
2009 / 12 / 31 ( Thu ) 21:52:38
明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!

情報が遅れました。すみません(^^;
まず年明けから天文現象があります。用チェック!!

1月1日の早朝、部分月食が起こります!

20100101.jpg
日本では初日の出の前、3時51分に欠け始め、4時53分に終了します。
欠け具合が小さいので、肉眼では月食のようすがわかりづらいかもしれない。
双眼鏡で観察するとよいだろう。今年はこの後、6月26日、12月21日にも月食が見られます。
初日の出を見に行く方、少し早めに出かけて月食も見てみてくださいね!
1月4日、04時~
しぶんぎ座流星群が極大です!
(出現期間1月1日~1月7日)


しぶんぎ座流星群は、8月のペルセウス座流星群、
12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群の一つです。
しぶんき座はりゅう座の頭の部分です(^^
年初めの現象として注目する現象ですが、
活動のピークと予想されています。1月4日の4時ごろは
月齢18の明るい月が空を照らしていて条件が悪いです(^^;
月を背にした方向(ちょうど放射点の方向)を眺めるなど、工夫して観察しましょう~。
1月はとても寒いのでしっかりと防寒して観測してくださいね~。
月や星、惑星、天体のこと TB:0 CM:5 admin page top↑
ふたご座流星群
2009 / 12 / 15 ( Tue ) 17:23:50
情報が遅れてしまいました(^^;
すみません~(><)

たぶん、ニュースでも放送されていたようですが、
2009年のふたご座流星群の情報です!
12月14日午後2時に極大(流星活動のピーク)を迎えると考えられています。
その前後、12月13日の深夜から14日の未明にかけてと14日夕方から15日深夜にかけてが観察の狙い目です。
月が昇ってくるのは午前5時ごろなので、観測にはほとんど影響がありません。
流星群の流星は、放射点を中心に流れますが、放射点の近くでたくさん見えるわけではありません。
どの方向でも流星を見ることができます。

14,15日前後でも流星群は観測できるので天気が良ければ見たいですね。
最近、寒さが増して忙しさと天候の悪さでなかなか観測ができません~(><)
皆さん、見れたらぜひ見てくださいね~(^^

月や星、惑星、天体のこと TB:0 CM:4 admin page top↑
星空情報。しし座流星群
2009 / 11 / 12 ( Thu ) 15:48:35
天体情報、しし座流星群情報です!
(出現期間11月5日~11月25日) です。
1118_20091115013804.jpg

11月18日の未明、しし座流星群の活動がピークになると予想されています。月明かりの影響がまったくない最高の条件で観測できるので、放射点が昇ってくる17日23時ごろから空を眺めてみよう。約10年前に見られた大出現ほどの活動はなさそうだが、午前6時ごろを中心に1時間あたり100個の流星が見られるという予想もある。ときどき明るく痕を残す流星も流れるので、期待しましょう。
leo.jpg
2001年に日本で“流星嵐”を見せた「しし座流星群」が、今年、少しだけ戻ってくるかもしれません。11月18日の未明、最大で1時間に200個の割合で流れ星が見られると発表されています。
私も2001年にしし座流星群を見ました。とてもたくさん流れていて、感動しました。
今年はそんなに多くないかも知れないですが、見れる日に流星群を見たいですね。

アストロアーツ画像提供

月や星、惑星、天体のこと TB:0 CM:3 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。